スプレッドはFX 比較で最も重要なポイント

FXでより良い結果を出すためのポイントとして、スプレッドは非常に大切です。FX 比較のポイントとしても、各会社のスプレッドを精査することによって無駄な損失を避けることが重要になります。スプレッドは、FXにおいて売買における手数料の差として解釈されています。

スプレッドは、基本的に購入する金額よりも売却するときの金額の方が多くなる傾向があります。言い換えると、購入した時の金額でそのまま売却しても、損失が大きくなってしまうことを意味します。手数料分だけ必ず損をしてしまうので、この売買の時における手数料の差を精査することは利益を出していく上でも最重要のポイントになります。

実際に、この大きさは差額で数十銭と高くなることがあります。それぞれの外貨によって幅は異なりますが、FXの場合は投資金額が膨らむ傾向がありますので、1円にも満たないスプレッドであっても損失は甚大になります。ですから、スプレッドのFX 比較ではなるべく数値が小さいものを選択することが基本です。ただ、スプレッドの幅が小さくても自分が取引をしたい外貨のスプレッドが小さくないと意味がありません。全ての外貨で一律に統一されているわけではないため、この点は注意が必要です。