中学受験の際には受験のプロの指導を受けて勉強はもちろんの事面接対策についても詳しく指導してもらえます。
中学受験の際には塾を利用するのが良い

中学受験の受験対策は家族と塾との力が必須

中学受験には大学受験などとの大きな違いがあります。受験をするのが小学6年生という事が通常の受験とは大きく異なるのでその対策や合格への道のりは独特の世界観があると言えます。
現在の中学受験では特に人気のある私立中高一貫校や私立大学付属校や最終的に難関国公立を狙えるような高校までの人気私立中学校などの学力だけでなく生活態度や運動などでも全国レベルの人気のある中学校には毎年多くの受験生が第一希望の学校とします。

学校選びという点では確かに本人や親御さんの意向によるものが大きく影響しますが、いくら親御さんの母校であってもその時代と現在では入試の傾向などは全く違いますし、学校それぞれの特徴のある入試問題を出題してくるのも中学受験の特徴ですからできるだけ志望校の出題傾向や難易度までの学力の向上が学習面での目標となります。

そのようなデータや対策をする事が最も得意な場所が塾になります。
塾と言っても進学塾という言葉がよく使われていますが、なにしろ塾にある各中学校のデータ量や学力の向上に対しての講師陣に教育方法などはやはり家庭では到底届かないレベルです。確かにそれなりの費用がかかるのは納得できるだけの事をしていると言えるからですし受験日当日の塾の講師陣の熱心な応援は受験生にとってはとても心強いものになると言われています。

確かに中学受験にも合格できる受験生と自分の希望通りの進学先には進めなかった受験生もいる事も事実ですし、全ての受験生が希望通りになどはいかないことも事実です。
第二希望や併願校という学校が進学先になったとしても納得できるだけの学校選択をするのはお子さんというよりも親御さんの役割による所が多いですし、そのアドバイスやお子さんにあう校風などを教えてくれるのも塾の特徴でもあります。
中学受験は学力だけではない学校独自の校風を理解して入学するべきですから、主役は当然受験生本人ですが家族と塾の協力があってこそ納得のできる結果になると言えます。

ページの先頭へ戻る